「結局スウィートレディが逃げ切りました」【ヴェルメイユ賞2022】/ Sweet Lady【Qatar Prix Vermeille 2022】

「結局スウィートレディが逃げ切りました」【ヴェルメイユ賞2022】/ Sweet Lady【Qatar Prix Vermeille 2022】

「結局スウィートレディが逃げ切りました」【ヴェルメイユ賞2022】/ Sweet Lady【Qatar Prix Vermeille 2022】

2022年9月11日にフランスのパリロンシャン競馬場で凱旋門賞の前哨戦であるG1ヴェルメイユ賞(3歳上牝・芝2400m)が行われ、G.ブノワ騎乗の伏兵スウィートレディが逃げ切った。
 
スウィートレディが先導する馬群はスローペースで一団となり、1番人気の英オークス馬チューズデーと2番人気のグランドグローリーは後方に待機する。レースはそのまま淡々と流れ、結局そのままスウィートレディが最後まで先頭を譲らなかった。
 
アタマ差の2着ライラックロード、さらに短クビ差の3着ラパリジェンヌと先行勢が上位を独占。チューズデーは4着まで押し上げるのが精いっぱいで、グランドグローリーは7着に終わった。また清水裕夫厩舎が管理する仏オークス5着馬フォールインラブは6着だった。
 
F.グラファール厩舎のスウィートレディはロペデヴェガ産駒の4歳馬。5月の仏G2コリーダ賞で重賞2勝目を挙げており、今回は7月の仏G1サンクルー大賞4着から休み明けの一戦だったが、待望のG1初制覇を達成した。
 
フランスギャロの公式サイトによると、グラファール調教師は「今後についてはオーナーと相談するが、凱旋門賞には魅力を感じている。ソフトな馬場なら彼女にもチャンスはあるよ!」と凱旋門賞への参戦に前向きな意向を示している。

#スウィートレディ
#ヴェルメイユ賞
#グランドグローリー

海外競馬カテゴリの最新記事